みんれびは「株式会社よりそう」に変更しました

よりそうの想い
Vision

Vision ‐わたしたちの目指す姿‐

創意工夫で制約を乗り越え、
誰もが自分らしい選択ができる世界をつくる企業

「世の中を幸せにしたい」という想いがわたしたちの根底にあります。
「誰もが自分らしい選択ができる世界」とは、わたしたちが考える幸せな世界です。まだまだ現在の世界には、資源、エネルギー、お金、時間など様々な課題や制約があります。しかし、これまでも人間は、アイデアや工夫で新たな技術や仕組みを生み出し、数ある制約を乗り越えてきました。そういった人間らしい創意工夫の精神を大切に、わたしたちも、制約を乗り越え、幸せな世界を実現できる企業を目指します。

Mission for Life-Ending ‐わたしたちの使命‐

わたしたちは、ライフエンディングを巡る人生の
本質的なニーズを見つけ、
既存のやり方にとらわれない発想で
一連の仕組みを創り出すことで、
誰もが自分らしく生涯を全うできる社会を実現します。

ライフエンディングを巡る人生の本質的なニーズを見つける

わたしたちは、誰かを見送り、そして見送られるという流れの前後に発生するあらゆる不便、負担、苦悩が、ライフエンディングの課題だと考えます。だから、ライフエンディングにまつわる不を全て解消するには、お葬式やご供養だけでなく、死別の前後、そして関わる周囲の人も含めた「人生そのもの」を良くしていく必要があります。そうした視点から、ライフエンディングに本当に求められていることは何なのか、根本的なニーズをしっかり見つけます。

既存のやり方にとらわれない発想で一連の仕組みを創り出す

すでに、心に残るお葬式やご供養をお手伝いする企業は大勢いるでしょう。しかし、ライフエンディング全般の不を解消してくれる企業は、まだこの世にありません。本当に必要なものを生み出すには、既存のやり方を踏襲するだけでは不十分です。わたしたちは「葬儀」「供養」を個別に良くするという発想を超えて、ゼロから本質を考え、これまでの知恵と新しい発想を組み合わせながら、ライフエンディングの最初から最後までサポートする仕組みを創り出していきます。

誰もが自分らしく生涯を全うできる社会を実現する

ライフエンディングの不を解消するということは、社会のあらゆる人々が各自の望むライフエンディングを実現できている状態を目指すことです。本質のニーズを見つけ出して、仕組みを創り出した先に、誰もが自分らしい生涯を全うできる社会を実現させることが、わたしたちの存在意義です。

Values -わたしたちの価値観-

本質を見つけよう

思い込みや過去のやり方に囚われてしまうと、本当に大切なことを見失ってしまいます。例えば、故人を弔うのに豪華な葬儀が必要だと思い込んでしまえば、負担を抑えつつアットホームな雰囲気で故人とお別れしたいと願う人の希望は叶いません。最終的に選ぶ人が本当に求めていることはなにか、ゼロから考えることが必要です。

素直に伝えあおう

人の意向を忖度する文化は、本質を見つけることを阻害し、世の中の不幸を増やしてしまいます。間違っていること、心配なこと、素晴らしいこと、どれも素直に伝えていく。そして伝えられたことを自分自身も素直に受け入れる。事実をまっすぐ受け止め、改善していくことで進歩することができるのです。本当に大切なことを曇りなく見つめるために、隠さず、遠慮せず、素直に表現していきます。

仕組みを作ろう

新しいチャレンジは、きれいごとだけではなかなか長続きしません。気合いや好意だけですべてが成り立つのであれば、世の中の不幸はもっと少ないはずです。一瞬だけ誰かの役に立ったとしても、次の瞬間には無くなってしまうとしたら、一度得てしまった分、失った悲しみはより大きいかもしれません。本当に人の役に立とうと思うならば、それが続いていく仕組みを作ることが重要なのです。

志をもって柔軟に行こう

「世界規模で世の中を幸せにしたい」
わたしたちは、その思いを変えずに走ってきました。これからもこのゴールからぶれることはありません。一方で、問題を解決するための方法は無数にあり、時と場合によっても変わります。絶対的な正解はありません。だから、ゴールはぶらさない。でも、手段にはこだわらない。
あらゆる制約を乗り越えるため、柔軟なチャレンジを続けていきます。

変化を工夫で楽しもう

この世界には、ひとりの手に負えないような大きな変化が常に起きます。それに抵抗したり、無視したりしても、ひとりでは簡単に状況を変えることはできません。しかし、「では、その変化を活用してしまおう!」という発想の転換をしてしまえば、世界は一変するでしょう。変化を受け入れ、活用し、変化という波の中を楽しく生きる方法を見つけ出すことを、わたしたちは大事にします。

社名・ロゴに込めた想い

よりそうは、エンディングという重要なライフイベントをお手伝いする、私たちの姿勢と想いを込めた企業名およびブランド名です。
従来の葬儀・供養のあり方に不安やひっかかりを感じている方々の「よりよい選択をしたい」という気持ちに対し、ちょうどいい価格と品質を納得して選べる仕組みをエンディング一連の流れで提供することで、お別れの場から余計な不安を取り除き、ご本人にとってもご遺族にとっても「理想の旅立ち」を実現していく。よりそうには、そんな私たちの想いが込められています。
ロゴマークは、送る人、旅立つ人の二人がよりそって、よりよい方向へ向かっていくことをイメージしながら、明るく幸せを届ける黄色をアクセントにデザインされました。

株式会社よりそうへのお問合わせはこちらから

「声」を届ける

あなたの声から、新たな価値を創造します